画像

全国中学校高等学校ギター・マンドリン連盟 沿革

本連盟は、1982年(昭和58年)3月に、大阪・京都・奈良・兵庫の各県で活躍している高等学校が中心となって「全国高等学校ギター・マンドリン連盟」として発足し、
ギター・マンドリン音楽を通して、青少年の豊かな人格形成とギター・マンドリン音楽の普及と発展を目指してきました。

この間様々な試練がありましたが、常に生徒と教師による心の通った「手作りの音楽祭」をモットーとしながら真摯な姿勢と情熱で克服してまいりました。

そして、連盟の願いも広く世論の評価を得て、大阪府・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会・毎日新聞社・毎日放送のご後援を頂くに至っております。

また、1985年(昭和60年)12月には、中国江蘇省教育局のご招待を受け、常州・鎮江・南京などの各都市において日中友好交流などを行い、貴重な体験とともに視野を広げることが出来ました。

そして現在、一般社団法人日本マンドリン連盟に共催として「音楽祭」に参加願っております。

2013年(平成25年)に開催した「第31回音楽祭」より、中学校単独でも参加可能な「中学校高等学校ギター・マンドリン音楽祭」とし、
本連盟は「全国中学校高等学校ギター・マンドリン連盟」として、「音楽祭」の規模拡大に向かってなお一層の努力を続けております。



連盟の主な事業

中学校高等学校ギター・マンドリン音楽祭
(第30回までは高等学校ギター・マンドリン音楽祭)

 ・毎年6月に開催(1998年度は4月)

   

 ・場所…千里金蘭大学 (2009年度より、「過去の記録」のページを参照)

   

 ・共催…一般社団法人日本マンドリン連盟

   

  後援…大阪府、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、毎日新聞社、毎日放送

 

音楽研修会


連盟加盟校の卒業生による演奏団体の後援

「関西ギターマンドリンフォーラム」による演奏会開催(1996年4月,1997年11月 大阪府立青少年会館)



画像

第30回音楽祭より(帝塚山学園ギターマンドリンクラブ)

Copyright (C)gm-ongakusai